トライアンフうろうろスクランブラー日記

トライアンフスクランブラーに乗ってうろうろします!

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山ツー

2007-07-08
W400
ご無沙汰です。富士山に行って来ました。
ようやく走行距離も3000キロに達しようかというとこまできました。走行距離といえば、それにしても最初のうちはちっとも伸びず、いつになったら、初回点検(1000キロ)になるのやらってなもんでしたが、慣れるにつれ、1回のツーリングでの距離も300キロくらいになりました。

さて今回のツーリングの目的のひとつが、中央高速を走る事。
中央高速は長野に通ずるみちで、圏央道もつながり、ツーリングルートの宝庫なわけなのですが、いかんせん横浜からだと若干遠いわけです。東京経由で、高速を使うか、ひたすら下道で16号を行くか。けっこう混雑するんだろうなと思ってましたが、やはりずっと渋滞気味でした。早朝にでたにもかかわらず。無念。
朝6時15分に出発しましたが、八王子インターに付いたのは7時45分頃。距離にして約35キロ。スタートにしてちょっと疲れました。途中八王子バイパスってのがあり、そこの料金所で、おつりを落として恥ずかしかった・・・

さて、給油して、いよいよ中央です。東名と違い、二車線で、若干空いてます。道も景色もきれい。山が多くて、よい気分です。心なしか、東名より走る車も全体的にのんびりしてる気がする。気のせいか。

今回の目的地は富士山5合目。ルートはまだ決めてなかったので、談合坂サービスエリアまで行って休憩しつつ決めましょう。

DSCF2813.jpg


いや結構混んでますな。梅雨の晴れ間だからかな。まだ朝の8時半なのに。サンドウィッチ食べてトイレ行って、ツーリングガイドブックも見つつ、河口湖、西湖、樹海を通って、再度富士山スカイラインから5合目へ。と、決定。

のんびりして、9:00に出発。

大月ジャンクションから河口湖方面へ。この道はまた、きれいですいてて気持ちよい。あっという間に富士急ハイランド前の河口湖インターです。出口は6個もあるのに開いてるのは一個のみ。料金所混み気味。
地図を確認して、河口湖へ。河口湖畔はまあ、観光客向けの施設が多く、特筆するほどもないなあ。まあまあです。

おおっというワインディングを抜けると、西湖湖畔です。こっちは打って変わって、ひなびた雰囲気。こういうの好きです。

DSCF2817.jpg

DSCF2822.jpg

DSCF2826.jpg


渚100景に選ばれているらしく、のどかで、実にいい感じ。湖と畑と山と富士山(見えず)。最高です。商業施設も少ない。

さて程なく走りまして。樹海方面へ。
その前に道の駅鳴沢で、トイレ休憩。
DSCF2828.jpg

DSCF2832-1.jpg


それにしてもマイWの美しいこと。

適当にぼうっとしたら、白糸の滝を目指し、樹海ルートを行きます。
ひたすら、森。ずーっと森。濃い緑が包み込む。神秘的な感じすらある。車も少ないが、たまに通る車はやたらとスピードを出す。地元か?そんなスピード出して走ったらもったいないじゃん。

樹海地帯を抜けると、牧草地が広がるシーンへ。その開放的なギャップが、感動的。馬がいる。牛もいる。でも富士山は見えず。あの雲の向こうに雄大な富士山があるんだろうな。

DSCF2835.jpg

DSCF2839.jpg

DSCF2841.jpg


そして、更にマイナスイオンを求め、白糸の滝へ。

幅約100メートルもの絶壁一面に滝が流れ落ちています。気分爽快。んでご飯。とろろご飯がうまかった。
DSCF2846.jpg

DSCF2851.jpg

DSCF2854.jpg


水もまったくもって透きとおってます。おもわずじっと眺めてしまった。

食事をすませたら、今回のハイライト、富士山5合目へ向かいます。実は今日、これまで、一度も富士山見てません。かけらすらも。まあ梅雨時期だし、しょうがないと思ってました。じゃあなんでこの日にきたのか。

富士山に登れば雲の上に出られるかも!!!
さぞ感動的な光景だろうと!!!

前回訪れた、富士山スカイラインの美しさが忘れられず、早くもリピート。前回は5合目ルートはパスしてしまった。寒さのあまり。
今回は日中30度になるにもかかわらず、ちゃんとフリースもってきたよ。やる気まんまんです。

そいで、ふたたび富士山スカイライン。
DSCF2859.jpg

DSCF2858.jpg

DSCF2860.jpg


やっぱこの道はいい!!美しい。イオン出まくり。静かだし。本当に非現実的な世界です。すごくひんやりしています。
ずーっと進んで、快適なワインディングを越えると、5合目行きの分岐点です。フリースを着込み、いざ。
どんどん登ります。どんどん。どんどん。実に標高2300メートルまで登ります。

次第に視界は霧の中へ、深い森。急激に冷える気温。タイトなカーブ。濃い霧。白いもやが時にはお化けにも見える。霧というか雲のなかなんだろうな。怖い気持ちと、はやる気持ちをおさえ、どんどん登ります。道はますますカーブだらけになり、気持ちは必要以上に高ぶります。
だが。
無念。
霧が晴れることなく、5合目に到着。
真っ白。
本当に真っ白。


いやあ、まあこの白さも神々しいんだけどね。
下界とは明らかに違う。
んでも無念じゃ。
また来るしかないな・・・


しかし真っ白にもかかわらず、ずいぶん人が多かったな。
DSCF2862.jpg

DSCF2863.jpg


あまりに冷えるのでここでもトイレ。
ツーリンググループもいっぱい来てました。

結局最後まで、富士山は見えず。
近くて遠い富士山でありました。

んで、定番。御殿場-東名で、気温30度の中帰りました。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

河口湖河口湖(かわぐちこ)は、山梨県富士河口湖町にある、富士五湖の一つである。富士箱根伊豆国立公園に指定されている。富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にある。面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖と並び3番目の深さ。湖の中央

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: aojeans3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © そぷらのあると All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。