トライアンフうろうろスクランブラー日記

トライアンフスクランブラーに乗ってうろうろします!

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父往還

2007-08-16
W400
やふーっ!ツーリングです。しかも超快晴!ほとんど眠れませんでしたよ。ほぼ徹夜。あほかな。
さて今回はなじみのない土地。奥秩父から、雁坂トンネルを通り、御殿場まで南下ルートです。

もともと五時半に出発予定でしたが、眠れませなんだので、結局五時過ぎには出発。ま、早けりゃ早いほうがいいすな。
横浜から第三京浜-環八通り、関越道へ。関越で、約40分。秩父市です。
早朝にもかかわらず、暑い!!!!37度くらい?内陸部というのは暑いようだ。死ぬ・・・・
8時ごろ、道の駅秩父に到着。おお、写真で見たことある、セメント材料の山だ。

DSCF3032.jpg


ここはあんまり面白くなく、まあとにかく暑いので、先に進みます。だんだん山深くなり、とてもいい感じ。渓流沿い、最高!!で、つぎは道の駅大滝です。
DSCF3046.jpg

へんな写真。ここは、川辺にも降りられます。
DSCF3039.jpg

よかイオンが出てます。ちなみに、マムシも出るらしい。怖っ。
天気もよく、最高の山道を進みます。どんどん山深くなります。むせ返るような色濃い緑、なんてガイドには書いてあったけど、青空と、山の緑のコントラストがとてもきれい。

どんどんどんどん山道をのぼっていきます。道に迷ったか?ってほど山奥にすすむと、まるで洞窟みたいなトンネル。一車線しかなく信号で交互に中に入るしくみらしい。めずらしい。
さらに山を登ります。

すると。
 山の急斜面に拓けた集落が!人里離れた、隠れ里!美しい棚田!!!(棚田好きです)
なんでこんなところに住んでるんだろう!?しかしそれにしても美しい。なんか天空の城ラピュタみたい。心洗われます。
なんでも、武田信玄の時代から、ここに関所があったらしいので、なにげにかなり古くからある集落なのでしょう。すばらしいです!

DSCF3048.jpg

DSCF3053.jpg

DSCF3056.jpg

DSCF3059.jpg


後ろ髪を引かれながらも次に進みます。
それにしても、遠くの山々まで良く見える景色の美しいみちをひたすら行きます。

ついに雁坂トンネルです。有料で、国道のトンネルとしては全国一だとか。
DSCF3071.jpg

DSCF3067.jpg


とにかく長い!!!そしてとにかく寒い!!!あんなに暑かったのが嘘のよう!寒い!長い!行けども行けども出口は見えず。長さは実に6600メートルあるそうな。永遠とも思える長いトンネルが終わると、出口に料金所。560円。た、高い。しかもお金払うときに又しても100円玉ころがした。。。。しかもおっさん無愛想。。。。。

トンネルを抜けると埼玉から山梨になります。このまま中央で帰ってもいいのですが、この炎天下、都内に入るのはいやだなあってことで、さらにいっきに南下して御殿場を目指します。
甲府市内を迷い迷い、河口湖方面へ。

またしても。

これがまた失敗。

この時期の富士山・富士五湖というのは、屈指の行楽地。
この炎天下。大渋滞だわ、道に迷うは散々ですわ。
奥秩父のあの甘美な気分はどこへやら。
渋滞を迷い迷い、苦手なすりぬけがちょっと上手くなりましたは、ほんま。
散々迷ってると、東富士五湖道路(有料)の看板発見!!!
やった-、これでいっきに御殿場へ脱出だ。

なんとかかんとか東名御殿場にたどり着く。
高速乗って、御殿場サービスエリアで一息つこう・・・

と。

したら・・・・

ヘルメット脱いだとたん、メガネが壊れた!!!

うわー、まじかよう・・・ここ、高速だよ?!どうすんだよ・・・・

売店で、絆創膏売ってたので、それで、補強。だましだまし、無事に帰りましたとさ。

本日の走行距離約360キロ也。

おつかれちゃん

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: aojeans3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © そぷらのあると All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。